髪の毛を傷めてしまう5つの原因と対策

Blog

普段髪の毛を綺麗にしようと意識はしているものの、
なぜか、髪の毛がいつもパサパサしてしまったり広がったりしてしまう・・・

 

ついつい髪の毛については時間があまり取れず、
適当に乾かしてしまったり、ヘアケアを怠ったりしているかもしれません。

しかし、

髪の毛は非常に痛みやすくデリケートです。
しっかりとした対策をしていかないといけません。

そのためには、髪の毛はどうして弱いのか、
またその対策はどのようにすれば良いのか?

きちんと知識をつけて髪の毛を傷めない綺麗な髪にしていきましょう!

 

髪の毛を傷めてしまうものとして

紫外線、乾燥、濡れた髪、間違ったブラッシング方法、睡眠不足

などが 髪の毛を傷めてしまう原因とされています。

今回、ご紹介する五つの髪の毛を傷めてしまう原因を知ることで、
あなたの髪が今よりもっと綺麗なツヤのある髪になることができます。

そのためには、まずは普段の生活から見直す必要があります。

それでは、これより髪の毛を傷めてしまう原因や対策についてお話ししますね。

 

 

髪の毛を傷めてしまう5つの原因と対策

 

1,紫外線は髪を痛める

紫外線の影響も髪の毛を痛める一つです。

紫外線はタンパク質を酸化するとキューティクルがはがれやすくなります。
すると、髪内部から栄養文を含んだタンパク質がなんと流出をしてしまいます。

そのことによって髪のツヤがなくなってしまったりの原因となります。

紫外線の強い季節は、
帽子、日傘対策、 UV 防止スプレー、クリームなどをつけることによって髪の毛を守ることができます。

 

2,乾燥はさせない

頭皮も髪も乾燥させてはいけません。

皮脂分泌量が少なく頭皮が乾燥すると痒くなったりします。
さらにフケの原因となり、髪の潤いなどもなくなってスタイリングがしにくくなったりします。

場合によっては、枝毛を出来ることもあります。
洗浄力の弱いシャンプーなどを使うことで乾燥から守ることができます。

また、季節や体調などによっても皮脂分泌量は変化しますので
その時に合わせたシャンプーやヘアケアなどでケアすることが大切です。

 

3,ぬれっぱなしの髪はダメ!

濡れぱなしの髪はダメージを受けやすいのです。

なぜかと言うと、
髪の毛は水に濡れることによってコーティングしてくれたキューティクルが開いてしまいます。

すると、髪の内部の映像が流出してしまったりして髪の毛は傷みやすい状態になります。

さらに、雑菌が繁殖して不衛生になることもあります。
そのためシャンプー後の濡れた髪の毛はなるべく早くドライヤーなどで乾かすことをお勧めします。

 

4,間違ったブラッシングは逆効果

ブラッシングについても注意が必要です。

ブラッシングをすることで髪の毛を逆に痛めてしまう事があります。
髪の毛をブラッシングした場合、髪の毛に静電気が発生します。

この静電気によって髪の毛のキューティクルを剥がし、
毛根にまでダメージを与えてしまいます。

この時、使ってはいけないブラッシングの種類はプラスチック製のブラシです。
プラスチック製のブラシは静電気が発生しやすいとされています。

そこで、おすすめなのは静電気が起きない天然系の暮らしや木製のブラシなどが良いでしょう。

天然系のブラシでおすすめなのは、豚の毛、猪の毛などが良いでしょう。

木製のブラシについてはブラシの先が丸くクッション性のあるものを選ぶことで頭皮を傷つけずに適度な血行促進ができるのでおすすめです。

5,しっかりとした睡眠を!

最後に睡眠不足も髪に悪い影響を与えます。

十分な睡眠を取らないと健康な髪の毛に影響が出ます。
夜の10時から翌午前2時までは体の新陳代謝が高まるゴールデンタイムとされています。

この時にしっかりと睡眠を取ることで健康な髪の毛を作ることができます。

ゴールデンタイムは、副交感神経が優位で緊張状態にあった昼間の心身を、
副交感神経がリラックスさせて全身の血行を広げてくれます。

血行が良くなることで頭皮の隅々まで栄養が届きやすくなります。

過労やストレスを溜めてしまうことで、
副交感神経の働きが弱くなってしまいます。

美しい髪の毛を作るにはまずは良い睡眠をとることが大切になっていきます。

まとめ

美しい艶のある髪の毛を作るにはまずはなぜ髪の毛が傷んでしまうのか?その原因と対策をしっかりとることで綺麗で美しい髪の毛を作ることができます。

今回お話しした内容をまとめると

髪の毛を傷めてしまう原因は

– 紫外線予防をしよう
– 頭皮も髪の毛も感想をさせてはいけません。
– 濡れ放の髪の毛はダメージを受けやすい状態なので注意
– ブラッシングひとつで髪の毛を傷めてしまうことがある
– 睡眠不足は血行不良になり髪の毛に影響が出る。

今回お話しした内容をしっかりと普段の生活に取り入れてより良い髪の毛綺麗な髪の毛を保っていきましょう。

髪質改善ヘアエステを体験してください。
艶のある美しい髪へ・・・
髪質改善ヘアエステの詳細
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧